English | アクセス | お問い合わせ

公益財団法人 NEC C&C財団

C&C若手優秀論文賞

「国際会議論文発表者助成」により海外で発表された論文のうち、極めて示唆的かつ独創的で著者の将来性をうかがわせるに足る論文を選定して、毎年概ね3件以内に対し贈呈します。

選考対象は、前年度の9月1日から選考年度の8月31日までに当財団に発表報告が提出された、約1年間の国際会議発表者助成論文となります。

各受賞者には、賞状、賞金(1件につき20万円)を贈呈します。

2015年度C&C若手優秀論文賞受賞者

論文名: 「The Impact of Mislabelling on the Performance and Interpretation of Defect Prediction Models」 
氏名 Tantithamthavorn Chakkrit
(タンティタムターヲォン チャクリット)氏
所属(応募時) 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
ソフトウェア工学研究室 博士後期課程1年

論文名: 「A Flexible Read-Write Aboriton Protocol with Sensitivity of Objects to Prevent Illegal Information Flow」
氏名 中村 繁成(なかむら しげなり )氏
所属(応募時) 法政大学 理工学部 創生科学科 分散システム研究室
学部4年 

論文名: 「On-chip Measurement of Cellular Mechanical Properties Using Moire Fringe」
氏名 杉浦 広峻(すぎうら ひろたか)氏
所属(応募時) 名古屋大学 大学院工学研究科 機械理工学専攻
博士前期課程1年 

C&C若手優秀論文賞歴代受賞者